連合・外国人向け就労相談に参加しました

2022年6月28日~29日、日本労働組合総連合会(連合)は日本で働いている外国人労働者向けの集中労働相談ホットラインを期間限定で開設し、JLEF財団の外国人スタッフも参加しました。

労働相談は専用Facebookやメールで問い合わせを受け、法律問題は会場にいる弁護士の先生に相談しながら、難しい法律用語などもやさしい日本語や母国語で対応されていました。対応言語はやさしい日本語、英語、ベトナム語とミャンマー語です。この2日間、ミャンマー、ベトナム、スリランカ、フィリピンなどの国の方々から、合計40件の問い合わせが対応しました。

トップへ戻る