駐日カンボジア王国大使館へ表敬訪問

労働アタッシュのソーメン・ソツカ様と面談し、日本で働いている、あるいはこれから日本で働きたいと考えているカンボジア人材が直面する課題や、彼らが日本について思い描いているイメージと現実とのギャップについて議論しました。

また、日本の企業がカンボジア人を雇用する際に配慮していただきたい点などにも話が及び、今後のカンボジア人材との共生社会実現に向けて、大変有意義な情報交換を行うことができました。

さらに当財団の取り組んでいる「JLEF共生互助会」「JLEF Support」についてご紹介をさせていただき、今後カンボジア王国やカンボジア人材の特長などを紹介する機会を作るなどにより、当財団の事業に協力していただけることとなりました。

(中央:ソーメン・ソツカ様 / 左:伊澤理事 / 右:河村理事)
トップへ戻る